スキャルピングのコツ

スキャルピングのコツ

為替損益のリスク

FXデイトレードで手数料無料にしようと考えるのもある意味では大事なことではないでしょうか。しかしFXデイトレード(すぐに結果が出るのも魅力の一つでしょう)の市場で勝って利益を作ることが元の目的だ、ということを忘れないでください。
 
FXデイトレード(一日に取引する回?が多い場合には、スキャルピングトレードといいますね)は二十四時間時間相場が動いている為、天下の主要国の財政ニュースが値動きを左右します。
 
ですが、FXデイトレードは保有時間が短いため、為替損益のリスク(いかに損失を減らすか、迅速に適切な対処をするかが問われますね)にさらされる可能性が低いといえます。
 
初心者の方で始めようと思う人がいれば、最初にFXデイトレード(すぐに結果が出るのも魅力の一つでしょう)をやってみると良いですね。選択する証券企業(それぞれのカラーがあるものですよね。社長や社員をみるとある程度の雰囲気はわかるかもしれません)によってはFXデイトレードの手仕舞い手数料が無料なんていうものもありますね。
 
ただ、手数料は各FXデイトレード(一日に何度も売り買いする取引手法です)業者の方針や改定により変動行う場合があるため、あくまで参看資料限度に思っておいた方が良いでしょう。

FXデイトレードで手数料無料になるといったのは、こうした所で取られる所と取られない証券企業(ブラックだったりすると、辞める頃には心も体もボロボロに・・・)があるということです。FXデイトレードだけに限らず、自身に合ったFXの稼ぎ方を探してみてください。

FXデイトレード手数料無料の証券会社

FXデイトレードで手数料タダで利用できる証券企業(それぞれのカラーがあるものですよね。社長や社員をみるとある程度の雰囲気はわかるかもしれません)は探せばさまざまとあります。決済のときだけ手数料が無料になったり、割引があるFXデイトレードもあったりします。
 
他にはFXデイトレード(すぐに結果が出るのも魅力の一つでしょう)の手数料が無料にはならなくても業界最低水準の手数料でお得な証券企業(株式会社の形態をとっているところが多いですが、有限会社のところもあります)もあります。
 
FXデイトレードとは日本語で日計り商いのことを言うのです。買った株をその日のうちに売却するトレード手法、といえばFXデイトレード(ギャンブル性が高いため、依存してしまう危険性もあるといわれています)がちょっと身近なものに感じられるでしょうか。
 
買ったその日、なので、FXデイトレードは大きなリスクが回避できます。例えば夕方のニュースなどで明確にされた、企業の業績悪化による株価の暴落はFXデイトレードでは避けられます。天下情勢に目を向けても同じ事で、どれほど大規模な事件が起きてもFXデイトレードは回避できると言うメリットがあります。
 
FXデイトレードは心理戦とよく言われるそうです。というのも、これといった要素もなくマーケット参加者の思惑だけで株価が上下するのがFXデイトレード(ギャンブル性が高いため、依存してしまう危険性もあるといわれています)だからです。即日決済であるFXデイトレードはとても著効なトレードスタイルです。

リスクが非常に低く

FXデイトレードとは、以上のようにリスクが非常に低く、ある意味では初心者むけの儲け方と言えます。FXデイトレード(ギャンブル性が高いため、依存してしまう危険性もあるといわれています)の手法とはちょっと異なるこのシステムトレード(今までにない事態が起こると対処できないという欠点もあります)だからって、初心者が使うべきかどうかはデリケートなところです。
 
初心者がFXデイトレード(一日に取引する回?が多い場合には、スキャルピングトレードといいますね)を覚えるにはシステムトレードの自動売り買いの結末を分析することに意義があると思っております。必然的に株(ネットでのトレードが主流となっていますね)式売買の道理や独自で編み出した法則を使って、それをFXデイトレード(一日に取引する回?が多い場合には、スキャルピングトレードといいますね)などの商いに反映させなければ意味がありません。
 
そのため、初心者はまず、最初は日々の相場の動きを実際に見ながらFXデイトレード(ギャンブル性が高いため、依存してしまう危険性もあるといわれています)の手動商いを行って下さい。
 
コツがわかってきたところで、FXデイトレード(一日に何度も売り買いする取引手法です)からシステムトレードへと移ってみるのが良いといえます。FXデイトレードの手法とはまた別に、FXポートフォリオといわれる手法もあります。これはFXデイトレードと違い、スワップポイントで儲けるときのテクニック(単に知っているだけではできないことも多く、練習や熟練などが必要になるでしょう)の一つです。
 
スワップポイントで儲けるというのは一見、無難でシンプルそうに見えるんですが、実は不安要素が大きいのだとか。FXデイトレードについてはネットで調べれば調べるほど情報が出てきますので、ちょっとでも気になる人は要チェックです。


FXデイトレードの効果的な手法

FXデイトレードの手法は様々で、初めて商いをする人でもデイトレード(すぐに結果が出るのも魅力の一つでしょう)以外を知っていても損はしありません。FXデイトレード(すぐに結果が出るのも魅力の一つでしょう)とは違う、このシステムトレードのメリット(人付き合いの際にはあまり考えないようにしたいものです)とは何といっても楽ということでしょうか。
 
無難な銘柄をセレクトして一度商いを始めたら、FXデイトレード(一日に何度も売り買いする取引手法です)とは違い、システムトレード(トレード手法の一つで、感情を交えず、予め決めたルールに従って機械的に売買を行うことをいいます)の手法のもう一つのメリットは、投機者の気持ち(自分のだけを優先していると自己中だといわれてしまうことでしょう)を排するということです。
 
システムトレードはFXデイトレードと違い、パソコンの前でじっと見つめるといった胃の痛くなりそうな作業から抜け出せます。FXデイトレードの張り付き作業とは違い、パソコン(正式名称は、パーソナルコンピュータで、PCともいいますね。デスクトップ型、タワー型、ラップトップ型、ノートブック型の他、ネットブックやタブレットなどもあります)でほぼ自動的に商いを行うのでシステムトレードと呼ばれています。
 
これは商いについて一定の要件の下で行動するプログラムやソフトウェアを使って、FXデイトレードみたいに商いを行うとを行うことです。
 
FXデイトレードとは違う、こうしたシステムトレード(今までにない事態が起こると対処できないという欠点もあります)を行うソフトウェアやツールは、いくつかリリースされています。気になる人はインターネット(たいへん便利ですが、その反面、ウイルスや詐欺などの危険もあります)などでFXデイトレードやシステムトレード(今までにない事態が起こると対処できないという欠点もあります)について調べてみると良いでしょう。




FXデイトレード

FXデイトレードでは小さな為替変動を追いながら、細かく売買をして、利益を少しずつ積み上げていくことになります。

FXデイトレードとはまたの名を超短期商いともいい、一日に何遍も売買商いを行うことをさします。日本語ではFXの事を外国為替証拠金(証拠金維持率が50%を切ってしまうと、マージンコールがかかってしまいます)商いとよびそれらを売買して収益を得ることを主にFXデイトレードの売りはなんといっても小額の投機からでもシンプルに始められると言うことなのですか。
 
例えば株(ネットでのトレードが主流となっていますね)商いだと自己資金として最低でも数十万円は不可欠ですが、FXデイトレードは現在では為替の相場が、一日のうちで激変することは碌すっぽありません。そのためFXデイトレードは少ない資金で大きな商いが可能となります。
 
FXデイトレードの魅力はなんといっても小額の投機からでもシンプルに始められると言う事なんですか。例えば株(ネットでのトレードが主流となっていますね)商いだと自己資金として最低でも数十万円は不可欠ですが、FXデイトレードは、例えば昼間勤めているサラリーマンにはあまり向かません。

FXデイトレード(すぐに結果が出るのも魅力の一つでしょう)とはもちろん欠点ばかりが目立つ訳ではありません。FXデイトレード(すぐに結果が出るのも魅力の一つでしょう)は長期保有をしないので、例えば天下情勢を揺るがすような事件があったとしても、反響をうけることはありません。寝ている間に株価が急落した、などで頭を抱える不可欠はFXデイトレードではあまり無いので、心理的重荷が軽いといえますね。
 
当り前ですが、FXデイトレード(一日に取引する回?が多い場合には、スキャルピングトレードといいますね)は一回当たりの収益が小さい為、ある限度のまとまった証拠金を要した商いを行わなければなりません。そのためFXデイトレード(すぐに結果が出るのも魅力の一つでしょう)は相当な忍耐力(忍耐力が強いのは長所ではありますが、あまりにも我慢しすぎるとうつ病などを発症してしまうこともあるでしょう)を要すことで有名ですね。
 
また、FXデイトレードは24時間商いが可能です。
 
FXデイトレード(ギャンブル性が高いため、依存してしまう危険性もあるといわれています)について関心がある場合は、インターネット(パソコンに限らず、携帯やテレビなんかでも楽しむことができますね)を活用してどういうものなのか詳しく調べてみてくださいね。FXデイトレードを実際に行っている方のブログ(ふとしたきっかけでコメント欄が炎上してしまうこともよくあるものです)や、体験談(物事を体験した人の話、感想などです)なんかも読めたりするので大きな参看になると思います。
 
初心者が商いを開始しるに当たっては、自身に向いていると判定した場合にFXデイトレードを実践してみると良いでしょう。

1回の利幅は薄く狙う

スキャルピングトレードは、デイトレードと良く似た投資の手法ですね。けれど、スキャルピングの場合、1日に何回でも短い取引を繰り返します。つまり、一回の取引における利幅をデイトレードよりも少なくし、利益を積み重ねていく手法だと言われています。

一般的には、スプレッドを差し引いたリミットの幅の目安として、+5pips前後だと言われています。たったこれだけ?

と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうかが、スキャルピングの場合、欲をだしてはいけません。一瞬で取引が終了してしまう事もあるのが、スキャルピングです。あんまり欲を出やっていると、せっかくの利益獲得のチャンスを逃がす事になってしまいます。いかに利幅が薄くても、結局は負けなければ良いだけの話です。数pipsの欲を出したばかりに、予想外の動きになってしまうケースは相場においては多々発生します。

1日に何度でもトレードのチャンスは巡ってくるのですから、上手に利益が出たのならば、例え1pipsであっても利益確定を行う場合もあるくらいです。また、スキャルピングの場合、リミット幅と同じようにストップ幅も重要となってきます。数pips前後で利益を確定するのに、ストップを数十pipsで設定していれば、1回のストップで全ての利益が吹っ飛んでしまう事になります。1回の取引の利幅を薄くして利益を積み重ねていく事で行くスキャルピングでは、損切りの場合でも出来るだけ幅を狭く設定し、損失を小さくさせる事も大切です。
http://koshugairai.blog.wox.cc/ 

サーバーが強いところを選ぶ

スキャルピングの場合、一瞬にして売買が成立してしまうケースが殆どです。つまり、その分、サーバーに対する負荷も大きなものとなってしまいますね。そこで大切となってくるのが、業者のサーバー力です。一日に繭りかえし取引を繰り返すスキャルピングトレード(レバレッジを高くしすぎると、損失も大きくなってしまいます)において、そう頻繁にサーバーがダウンされてしまっては困りますよね。

また、サーバーの強度が強いという事は、約定能力が高い事にも関係してきます。例えば、リーマンショックのような相場が大混乱している際に、サーバーがダウンして決済ができなくなってしまったら、どうしますか?重要な指標が発表されて、スキャルピングで大きな利益を上げる最高のチャンス(日本語に訳すと好機ですが、チャンスという言い方の方が一般的ですね)が訪れた際に、サーバーがダウンして取引が出来なくなってしまったら、どうしますか?

スキャルピングトレードでは、一瞬のタイミングが命取りにもなります。安定したサーバーを利用している業者で取引を行う事が、安心にも繋がりますね。また、実はサーバーの強さはスリッページにも関係してきます。スリッページの主な原因は、インターバンクのレートと取引画面のレートの乖離にありますが、これはサーバーのタイムラグから起こってくるのです。そのため、サーバーの通信速度が早ければ、それだけスリッページが発生する確率は小さくなる訳ですね。

スプレッドが狭いと言う事のみで、スキャルピングに適した業者だとは言い切れません。安定したサーバーである事も、スキャルピングトレード(レバレッジを高くしすぎると、損失も大きくなってしまいます)においては重要な事かも知れませんね。
http://tips422.blog.fc2.com/blog-entry-8.html 

スリッページしないこと

スキャルピングトレードで利益を上げる為のコツに、スリッページを起こさせない事も挙げられるのです。スリッページはスプレッドと異なり、値が決まっていません。ここが重要なのです。もしかすると成り行きで注文した場合、利益幅以上のスリッページが発生してしまい、損失が出る可能性もあるのです。それが、売りと買いで2回も発生してしまうと、僅か数銭~数十銭の値幅を繰り返して利益とするスキャルピングにとっては大問題ですね。

現在は、スリッページが100パーセント発生しないとする業者も増えてはいますが、そうすると約定がされないというケースが多発してしまったりするのが実状のようです。スリッページを起こさせないようにする為には、値を固定する指値注文を行う方法もあります。ただ、この方法は値を入力する手間が掛かる為に、取引を一瞬で終わらせるスキャルピングには不向きみたいです。

そんななかでも、スプレッドを若干大きめにしておき、その分、スリッページ(業者によっては、許容できる範囲を設定しておけることもあるようです)をさせないように努力している業者もあります。つまり、成り行きで注文した際に多少すべった場合でも、スプレッドによって吸収可能なよう余裕を持たせているのです。このように、予測出来ない不利なスッリページが発生するリスクよりも、ほんの些細なスプレッド幅には目をつぶり、安定した約定力を取るスキャルピングの方法もあります。やはり、スリップページが高い業者はスキャルピングには向いていないと言えそうですね。
http://advance.namidaame.com/ 

テクニカル分析

投資を行う際の代表的な分析法には、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析があるんでしょう。テクニカル分析とは、過去の価格や時間などのデータを元にして、これからの相場を予測する手法。そして、ファンダメンタルズ分析は、現在の政治や経済の状況から今後マーケットがどんな感じで動くのかを予測する手法です。

一瞬で取引が終了してしまうスキャルピングトレードでは、スピード(拙速という言葉に代表されるように、速いだけではダメなんですよね)が命ですね。そう言った事からも、分析してから結果が相場に反映されるまでに時間が掛かってしまうファンダメンタルズ分析の場合、短期売買を繰り返すようなトレードには向いていないと言えるでしょう。また、テクニカル分析には、順張りタイプとして、「移動平均線」、「一目均衡表」、「MACD」等があるでしょう。

そして、逆張りタイプとしては、「ボリンジャーバンド」、「ストキャスティクス」、「RSI」などがありますね。スキャルピングで利益を出しているトレーダーの多くは、トレンド相場において順張りでエントリーを仕掛けているようですが、とりあえずは自分の好きなものを選んで利用する事から始めましょう。スキャルピングトレードを行おうと思っているのであれねば、テクニカル分析は是非マスターしておきたい所です。

ただ、相場のおおまかな流れを掴んでおく事も投資で勝つためには重要な条件(他人に要求する時は多く、自分に要求される時には少なくと考える人が少なくないでしょう)となりますので、テクニカル分析のみではなく、ファンダメンタルズ分析も疎かにしないなさってくださいね。
http://dogseets.zouri.jp/ 

約定力が重要

スキャルピングとは、短時間で利益を積み重ねる方法。つまり、通常のトレード手法とは異なり、数pipsの小さな利幅を積み重ねていけね利益を上げていかなければなりません。そこで重要となってくるのが、スプレッドです。スプレッド(取引手数料無料でも業者がやっていけるのは、ここから利益を得ているのだとか)は売値と買値の価格差とは言っても、この値は業者が自由に設定出来る仕組みになっています。要は、このスプレッドが業者の手数料的な意味合いにもなりますので、この値が小さければ小さい程、トレーダーにとっては有利な条件となる訳です。

僅か数銭と言った単位ですが、売買頻度がかなり多くなるスキャルピングの場合、合計してみたらかなりの金額となる事は容易に理解出来ると思います。それくらい、スキャルピングにおいてスプレッドの値は重要となってくるのです。数週間、数ヶ月単位で売買を行うようなトレードスタイルの場合には、さほど気にする必要もないのがスプレッド幅。

けれど、スキャルピングで利益を上げている多くのトレーダーは、このスプレッド(売値と買値の差のことをいいますね)幅が極めて小さい業者を好んで利用しているのは間違いありません。値動きが大きい通貨をトレードする場合は、多少スプレッドの値が大きくても利益が上げられるような業者を使う可能性があるのです。でも、一般的には、極小スプレッドの方がスキャルピングには有利です。

もし、スキャルピングトレードで勝ちたいと思っている方は、スプレッド(スプレットが安い業者で取引をするほど、利益が出しやすいと考えられています)幅を極小に設定してある、スキャルピングに向いていると言われているような業者を選んでトレードする事をお勧めします。
http://star.ap.teacup.com/gogakuryugaku/6.html 

スプレッドが重要

スキャルピングとは、短時間で利益を積み重ねる方法。つまり、通常のトレード手法とは異なり、数pipsの小さな利幅を積み重ねていけね利益を上げていかなければなりません。そこで重要となってくるのが、スプレッドです。スプレッド(取引手?料無料でも業者がやっていけるのは、ここから利益を得ているのだとか)は売値と買値の価格差とは言っても、この値は業者が自由に設定出来る仕組みになっています。

要は、このスプレッドが業者の手数料的な意味合いにもなりますので、この値が小さければ小さい程、トレーダーにとっては有利な条件となる訳です。僅か数銭と言った単位ですが、売買頻度がかなり多くなるスキャルピングの場合、合計してみたらかなりの金額となる事は容易に理解出来ると思います。それくらい、スキャルピングにおいてスプレッドの値は重要となってくるのです。数週間、数ヶ月単位で売買を行うようなトレードスタイルの場合には、さほど気にする必要もないのがスプレッド幅。

けれど、スキャルピングで利益を上げている多くのトレーダーは、このスプレッド(売値と買値の差のことをいいますね)幅が極めて小さい業者を好んで利用しているのは間違いありません。値動きが大きい通貨をトレードする場合は、多少スプレッドの値が大きくても利益が上げられるような業者を使う可能性があるのです。でも、一般的には、極小スプレッドの方がスキャルピングには有利です。

もし、スキャルピングトレードで勝ちたいと思っている方は、スプレッド(スプレットが安い業者で取引をするほど、利益が出しやすいと考えられています)幅を極小に設定してある、スキャルピングに向いていると言われているような業者を選んでトレードする事をお勧めします。
 http://lasik.syanari.com/